Vol. 1, No. 1が刊行されました。

P.2    『フィルカル』創刊にあたって
—分析哲学と文化を結ぶ—
P.6    『フィルカル』の構成

哲学への入門
P.12    自由論入門 第1回(高崎 将平)

文化としての分析哲学
●特集シリーズ:分析哲学とモダニズム
P.42    分析哲学とモダニズム(長田 怜)
P.68    美術におけるモダニズム—グリーンバーグからイヴ=アラン・ボワへ—(河合 大介)
P.84    モダニズムの絵画はいかにして絵画を批判しうるか—ネルソン・グッドマンの記号理論から考える—(松本 大輝)

文化の分析哲学
P.112    文化に入り行く哲学—デイヴィドソンの言語哲学の限界をめぐって—(古田 徹也)
P.142    何が可笑しいのか—ユーモアを説明することの意味について—(八重樫 徹)
P.160    声優と表現の存在論—〈棒〉とは誰か—(佐藤 暁)

社会と哲学
P.178    哲学専攻の者から見た会社という社会(さとひろ)

コラムとレビュー
P.196    連載「生活が先、人生が後」第1 回 君が望む罪悪感(長門 裕介)
P.202    地下沢中也『預言者ピッピ』(佐藤 暁)
P.204    横山順一『輪廻する宇宙―ダークエネルギーに満ちた宇宙の将来』(八重樫 徹)
P.208    沖縄で出会った独特の建物(長田 怜)
P.210    共有される私的記憶—新宿西口「私の志集」—


『フィルカル』創刊!

新たな時代の哲学の文化を、分析哲学とともに!

「分析哲学と文化をつなぐ」雑誌が創刊されました。

「哲学」と聞いて、人は何を思い浮かべるでしょうか。
ソクラテス?デカルト?カント?

もちろん、これらの大思想家の考えを解釈することも哲学なのですが、
世の中にはそれとはアプローチのしかたの違う哲学が存在します。

その哲学とは、現在もっとも勢いのあるタイプの哲学、
明晰な論理展開を旨とする、分析哲学という哲学です。

さまざまな問いに対してすべて一から分析していく。
考えたい問題を考えるためのツールを提供する。
それが、分析哲学の姿勢です。

『フィルカル』では、分析哲学に焦点をあて、
ハイカルチャーからサブカルチャーまで、さまざまな文化を
分析哲学のツールを使って分析していきます。

これまでとは異なる新しい切り口からの議論を知ることで、
文化に触れたときにより深い知的体験を得られることでしょう。
さらにまた、分析哲学自体も、文化のひとつとして味わえるようになるはずです。

『フィルカル』では、この新しい試みを
若い世代の哲学者たちとともに、定期的に展開していく予定です。