Vol. 9, No. 1 を刊行いたします

分析哲学と文化をつなぐフィルカル、最新号『フィルカル Vol. 9 No. 1』が、4月30日(火)に発売となります。

書影

内容紹介

分析哲学と文化をつなぐ哲学雑誌「フィルカル」の最新号(Vol. 9, No. 1)。

特集「分析的ヒューム研究」ではヒューム哲学のアクチュアリティを、気鋭の若手哲学者が描きだします。

特集「スタンリー・カヴェル」では、アメリカとヨーロッパを横断し、哲学と文学を行き来するカヴェル独特の思考を複眼的に論じぬき、待望の翻訳が刊行される主著『理性の呼び声』の核心に迫ります。

小特集「著者自身による外国語論文紹介」では、国際的な哲学研究の最前線を紹介すると同時に、外国語ジャーナルに投稿するさいのアドバイスをふくむ実用的な記事が並びます。

シリーズは、映像作家の小森はるか監督のロングインタビュー、「てつがくやさん」として哲学カフェや哲学プラクティスに取りくむ松川えり氏のインタビュー、そして映画『ぼくたちの哲学教室』の翻訳監修者による論考など。新刊紹介・書評では、計11冊の新刊を若手研究者がたっぷりレビューします。専門家がつくる哲学誌フィルカル、今号も哲学と文化の《今》を伝えます。

目次

目次1
目次2

特集:分析的ヒューム研究

  • 趣意文(高萩智也)【試し読み
  • 高萩智也「「誇り」とは何か―デイヴィドソンのヒューム“解釈”を擁護する」
  • 鵜殿 憩「ヒュームの社会的認識論とアクラシアの問題」
  • 相松慎也「ヒュームの道徳的錯誤説―概念と実質の齟齬を経験論的に構成する試み」

特集:スタンリー・カヴェル

  • 趣意文(吉田 廉)【試し読み
  • 荒畑靖宏「すぐれて哲学的な概念としての〈セカイ〉」 【試し読み
  • 佐藤光重「哲学者の内なる私/私の内なる哲学者 ―スタンリー・カヴェルの『ウォールデン』論」
  • 筒井一穂「カヴェルの懐疑主義批判を読む―デカルト、シェイクスピア、そして近世の懐疑主義」
  • スタンリー・カヴェル、伊藤迅亮訳:翻訳「言うことは意味することでなければならないか」(上) 【試し読み

小特集:著者自身による外国語論文紹介

  • 企画主旨(森 功次)【試し読み
  • 秋葉剛史「真理の多元主義と真理付与者の理論」
  • 植村玄輝「日本における現象学―応用分野における受容に焦点をあてた小史」
  • 銭 清弘「芸術カテゴリーについての制度理論」
  • 谷田雄毅「ルールとポイント―「意味」の概念はどのような機能を果たすのか」
  • 宮園健吾・飯塚理恵「集団の認識的悪徳についての集団同一化説」

シリーズ 哲学とセーファースペース

  • 哲学・子ども・政治―映画『ぼくたちの哲学教室』とセーファースペース(後半) 西山 渓

シリーズ 哲学の居場所を探る

  • インタビュー第3回(前半) 松川えり(てつがくやさん)

シリーズ 映画で倫理学

  • カメラをむけることの倫理―小森はるか作『息の跡』、『空に聞く』、そして『二重のまち/交代地のうたを編む』 上村 崇・佐藤 靜・谷田雄毅・吉川 孝

シリーズ ポピュラー哲学の現在

  • 対談「哲学と自己啓発の対話Ⅱ」第五回 企画:稲岡大志/文責:玉田龍太朗

連載

  • 企業研修に見る若手社会人の哲学?!―「仕事」とは何か? 和辻 龍
  • イベント報告 古田徹也×大谷弘 トークイベント 吉田廉
  • 自著紹介 『道徳はなぜ価値判断の問題になるのか―ヘアの道徳哲学と好敵手たち』(名古屋大学出版会、2023年)冨田絢矢
  • 自著紹介 『ブルーフィルムの哲学―「見てはいけない映画」を見る』(NHK出版、2023年) 吉川 孝
  • 訳者による紹介 J・ディクソン『法哲学の哲学―法を解明する』(勁草書房、2024年) 伊藤克彦
    訳者による紹介 M・スチュワート『マネジメント神話―現代ビジネス哲学の真実に迫る』(明石書店、2024年) 稲岡大志
  • 監訳書紹介   『誤謬論入門―優れた議論の実践ガイド』で議論研究を考え、議論教育を教えるときにわたしの語ること(後編) 小西卓三
  • 編者による紹介 『人生の意味の哲学入門』(春秋社、2023年) 蔵田伸雄
  • レビュー      M・ガブリエル『超越論的存在論―ドイツ観念論についての試論』(人文書院、2023年) 岡部幹伸
  • レビュー     『人生の意味の哲学入門』(春秋社、2023年)―「新たな別の生を生む/産む・育てる者」の視点から「この子ども」の生の意味を考える 坂本美理
  • レビュー      野本和幸『カントと分析哲学』(勁草書房、2023年) 片山光弥
  • レビュー      次田 瞬『意味がわかるAI入門―自然言語処理をめぐる哲学の挑戦』(筑摩書房、2023年) 竹下昌志
  • レビュー      N・スタンリック『アメリカ哲学入門』藤井翔太訳(勁草書房、2023年) 安永光希 

ご購入はAmazon、一部書店、一部大学生協で。

イベント「企業が哲学と出会うとき」を開催します(東京大学UTCP共同開催)

フィルカル×東京大学UTCP(共生のための国際哲学研究センター)の共同開催にて、イベント「企業が哲学と出会うとき:日本における企業内哲学の実際」を開催します。

イベント概要

近年、世界的に、哲学界と企業界の交流が盛んになっています。
日本でも少なからずそのケースが見られますが、総じて、その実態はいまだ明らかであるとは言い難く、散見される言説ももっぱら哲学者側からのものです。

しかし「企業内哲学」は、哲学者と企業のあいだの共生の様式のひとつです。
そのため、企業内哲学の動向を理解するためには、哲学者の言説だけでなく、企業の側からの声に耳を傾けることが求められます。

そこで今回は、企業内哲学にかかわる企業と哲学者、ふたつの立場から議論を交わすイベントを企画しました。

哲学者側からは、三人の若手研究者がモデレーター・オーガナイザーとして登壇し、
企業側からは、2018年に哲学者を監査役として迎え入れた株式会社メタ・辻英人さん、
2023年に新規事業開発部門に哲学対話・哲学思考を導入したNECソリューションイノベータ株式会社・松本元延さんのおふたりをゲストスピーカーとしてお招きします。

とくに以下のような問いが議論の焦点となります。

  • どうして、どのようなプロセスで哲学者を会社に迎え入れたのか?
  • 会社のなかで哲学(者)は実際どのような《機能》を果たしているのか? またその機能は当初から想定されていたのか?
  • 哲学者を迎え入れることで社内にどのような《影響》があるのか?(良い面も悪い面も)
  • 哲学者による「哲学」と一般に言われる経営「哲学」とに違いはあるのか?

本イベントでは、以上の問いをめぐる議論をつうじて、企業内哲学の実際を参加者のみなさまと共有し、その実践にどんな条件があり、何に注意するべきなのかを考えます。
そのなかで、哲学と企業を取りまく今日の時代状況についても、考察を深めることができるはずです。

詳細

  • 日時:2024年6月30日(日)15:00–18:00(開場14:45)
  • 形式:対面のみ・オンライン配信なし
  • 会場:東京大学 駒場キャンパス「21 KOMCEE East  K211」 
  • 参加費:無料
  • 定員:70名(定員に達し次第、お申込みを締切らせていただきます。)
  • 参加申し込み:下記お申込みフォームから事前にお申込みください。(所要時間1分)

ゲストスピーカー

辻英人
株式会社メタ

公認会計士、株式会社メタ代表取締役。大手会計ファームにて会計・内部統制監査、株式公開準備や不正調査、コーポレート・ガバナンスシステム関連の支援業務を経験したのち独立。2017年にメタを設立し、経営戦略や基盤の整備・高度化支援を行う。


松本元延
NECソリューションイノベータ株式会社

広告代理店・コンサルを経てNECに入社。長年ビッグローブにおいてサービス開発と運営に従事。その経験を生かしたいと現在のNECソリューションイノベータに移り、新規事業開発支援に携わり9年目を迎えている。


モデレーター・オーガナイザー

佐々木晃也
大阪大学

大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程。専門はスピノザ。株式会社メタおよび諸法人とともに哲学一般に関する調査研究も行う。最近の論文に「企業内哲学者はいかなる意味で哲学者であるのか?——企業哲学実践の動向とその批判」(2024)。


堀越耀介
東京大学

東京大学UTCP上廣共生哲学講座特任研究員/日本学術振興会特別研究員(PD)。学校や企業で哲学コンサルティング/哲学対話を行う。専門は教育哲学/哲学プラクティス。


稲岡大志
大阪経済大学

大阪経済大学経営学部准教授。『フィルカル』副編集長。神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。博士(学術)。専門はヨーロッパ初期近代の哲学、数学の哲学、アニメーションの哲学など。主な業績に、『ライプニッツの数理哲学——空間・幾何学・実体をめぐって』(単著、昭和堂)、『世界最先端の研究が教える すごい哲学』(共編著、総合法令出版)、『3STEP 応用哲学』(分担執筆、昭和堂)など。


会場案内

東京大学 駒場キャンパス「21 KOMCEE East  K211」 ※対面のみで実施

構内図

東京大学HPより

共催:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属 共生のための国際哲学研究センター(UTCP)、フィルカル

『フィルカル』読者アンケートのお知らせ

読者のみなさまに支えられ、フィルカルは来年2025年に10周年を迎えます。

そこで、今後の編集・制作作業の参考とするため、読者アンケートを募集いたします。

ご回答いただいた方のなかから、先着100名さま限定で、『フィルカル』Vol.8のご希望の号(no. 1, no. 2, no. 3)を1冊、無料でプレゼントいたします。

また、冊子の郵送をご希望されない場合でも、アンケートにお答えいただくことは可能です。

これまでのご感想、今後への期待や要望など、様々なメッセージをお待ちしております。

ご回答は下記フォームからどうぞ。

アンケートフォーム

注意点

  • お届け先は国内に限ります。お届け先情報が不正確な場合、発送を取りやめさせていただく可能性がございます。
  • ご記入いただいた個人情報は厳重に管理し、あらかじめご本人の許可なく、個人が特定できる情報を外部に提供することはありません。
  • お寄せいただいたご意見・ご感想の著作権は弊社に帰属します。回答者の許諾を得たうえで、当ホームページや弊社出版物、広告等に転載させていただく場合がございます。

上野修『「スピノザと〈私〉のありか」 (『フィルカル』Vol.8, No. 3刊行記念イベント)を開催します

イベントのご予約はこちら (予約サイト) から!

2023年12月、哲学の雑誌『フィルカル』(Vol.8, No. 3)が発売されました。
その特集「分析的スピノザ研究」では、英語圏でのスピノザ研究の現状が見通しよく整理されています。
寄稿者のひとりである上野修さん(大阪大学)をお招きし、スピノザについてのトークイベントを開催します。

哲学の歴史に、「彗星」のごとく現れた特異な哲学者、スピノザ。

『スピノザ全集』(岩波書店、2022年〜)の刊行開始以来、にわかに注目を集めているスピノザ哲学は、とにかく難解なことでも知られています。
独特な思想のゆえに「とっつきにくい」印象のスピノザですが、このイベントでは、『エチカ』の編訳者である上野さんが、スピノザの哲学をていねいに論じます。

上野さんの研究テーマでもある〈私〉の問題に焦点を合わせて見ることで、スピノザがなにを言いたかったのかが、きっとわかってくるはず。
また、スピノザ哲学と現代の哲学(ラカン・デイヴィドソン)の接点や、上野さん自身の研究・思索の展開(永井均・入不二基義・青山拓央との〈私〉の哲学をめぐる対話)など、ここでしか聞けない貴重なお話をたっぷり伺います。

イベント内容詳細

趣意文(画像をクリックするとPDFが閲覧できます)

チケット案内

  • 来店参加 2,750円(税込)¥2,750
  • 配信参加 1,650円(税込)¥1,650
  • セット券A 1,650円+書籍『スピノザ全集Ⅲ エチカ』5,280円+配送手数料520円
  • セット券B 1,650円+書籍『スピノザ全集Ⅲ エチカ』5,280円+配送手数料520円 
  • セット券C 1,650円+雑誌『フィルカル(Vol.8, No. 3)』2,530円

※詳細はこちら (予約サイト)

会場案内

本屋B&B
東京都世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F

ご参加者さま限定、質問フォームを設置

チケットをご購入の方には、上野先生への質問を募集いたします。
質問はチケットお申込みフォームまたは質問受付フォームからよりお寄せください。
スピノザにかぎらず、哲学全般にかかわる質問、上野先生の研究遍歴に関する質問など、この機会に聞いてみたいことをぜひご質問ください。
※イベントの質疑の時間に、司会者が代読させていただきます。
※イベントは時間に限りがございますので、すべての質問にお答えできるとは限りません。
※読み上げる順番は内容に応じて運営が判断いたします。
※読み上げに際して、適宜質問文を要約・省略することがございます。ご了承ください。

出演者プロフィール

上野修(うえの・おさむ)
大阪大学名誉教授。専門は西洋近世哲学。著書に『スピノザの世界』(講談社、2005年)、『デカルト、ホッブズ、スピノザ』(講談社、2011年)、『哲学者たちのワンダーランド 様相の十七世紀』(講談社、2013年)、『スピノザ『神学政治論』を読む』(筑摩書房、2014年)。共著に、永井均・入不二基義・上野修・青山拓央『〈私〉の哲学を哲学する』(春秋社、2010/2022年)など。
現在、『スピノザ全集』(岩波書店、2022年~)の編纂、および第3巻『エチカ』と第5巻『神、そして人間とその幸福についての短論文』の翻訳をつとめる。

コーディネーター
筒井一穂(東京大学大学院人文社会系研究科・フィルカル編集部)
research map

お問い合わせ

本イベントに関するお問い合わせは、基本的に会場である本屋B&Bまでお願いします。

Vol. 8, No. 3を刊行いたします

分析哲学と文化をつなぐフィルカル、最新号『フィルカル Vol. 8 No. 3』が、12月20日(水)に発売となります。

書影
書影

内容紹介

分析哲学と文化をつなぐ哲学雑誌「フィルカル」の最新号(Vol. 8, No. 3)。

特集「大澤絢子著『「修養」の日本近代』」では、修養・自己啓発・〈宗教っぽいもの〉をめぐり、現代人の「自分磨き」の精神構造に迫ります。 赤江達也(社会学・関西学院大学)、島薗進(宗教学・東京大学名誉教授)ほか幅広い分野から集まった書き手が「修養」を考える。

特集「スピノザと分析哲学」では、合理主義の〈彗星〉スピノザを、現代英米哲学の視点から解きほぐす。ドゥルーズともゲル―ともちがう、アクチュアルなスピノザ像が浮かび上がる。上野修(大阪大学名誉教授)をはじめ、今日のスピノザ研究をリードする論者が集う。

特集「恋愛とセックスの哲学」では、セックスの価値、性的モノ化、第三者との性的関係などをめぐる最新の哲学的議論を展開。ネーゲル、ソーブル、ヌスバウム、ハルワニ —— いま読まれるべき哲学書への導入にも。

小特集「『ライプニッツ著作集』編集逸話」では、十川治江(工作舎)がライプニッツの魅力を語り、酒井潔(学習院大学名誉教授)が『著作集』監訳の舞台裏を振り返る。

映画『ぼくたちの哲学教室』をめぐる論考や、VTuberの存在性格をめぐる本格論文、バーナード・ウィリアムズの入門記事、そのほか新刊レビュー多数。専門家がつくる哲学誌フィルカル、今号はかつてない重厚感で、哲学と文化の《今》を伝えます。

目次

目次1
目次2

特集:修養・自己啓発・〈宗教っぽいもの〉:大澤絢子著『「修養」の日本近代』書評会

  • 赤江達也 : 「メディア宗教」研究の展開——修養と宗教を問いなおす
  • 酒井泰斗 : 〈宗教っぽいもの〉の社会学のために
  • 坂本慎一 : 松下幸之助論から見た意義と発展の可能性
  • 島薗進 : 「修養」と近代日本人の自己陶冶——大澤絢子著『「修養」の日本近代:自分磨きの1 5 0 年をたどる』( N H K 出版、2 0 2 2 年)書評
  • 大澤絢子 : 著者からのレスポンス

特集:分析的スピノザ研究

  • 趣意文(立花達也)
  • 上野修 : 分析哲学とスピノザ?
  • 立花達也 : 分析的スピノザ研究の古典を読む——一元論と必然主義の観点から
  • 木島泰三 : 分析形而上学を手引に「スピノザの力の形而上学」を見いだすまで
  • 林智行 : スピノザにおける内在的性質と外在的性質——傾向性主義・存在的構造実在論

特集:恋愛とセックスの哲学

  • 企画主旨——恋愛とセックスの哲学(岡本慎平)
  • 岡本慎平 : 恋愛と性的問題はどのように哲学的主題となったのか——セックス哲学小史
  • 鈴木英仁 : 性的モノ化とはなにか、(不正だとして)なぜ不正なのか
  • 尾崎健太郎 : 恋愛の哲学におけるセックスについて

小特集:『ライプニッツ著作集』編集逸話

  • 稲岡大志・筒井一穂 : 序文
  • 十川治江 : 普遍の夢を追いつづける——『ライプニッツ著作集』編集逸話
  • 酒井潔 : 『ライプニッツ著作集』——ハノーファーから思い出すままに

シリーズ:哲学とセーファースペース

  • 西山渓 : 哲学・子ども・政治——映画『ぼくたちの哲学教室』とセーファースペース(前半)

投稿論文

  • 篠崎大河 : バーチャル YouTuber の形而上学——配信者説を擁護する

哲学への入門

  • 渡辺一樹 : 「バーナード・ウィリアムズ入門」第4回

  • 【イベント報告】筒井一穂 : VTuberの哲学――VTuberとビデオゲームの世界
  • 【連載】和辻龍 : これが高校生の本音?!――本当の自分を知っている?
  • 【対談】玉田龍太朗 : 「哲学と自己啓発の対話」Ⅱ・第4回
  • 【応答】井頭昌彦 : ガダマーから飛んでくるであろう問いは(今のところどれくらい)現代の社会科学方法論争に刺さっているのか
  • 【紹介】清水雄也 : 井頭昌彦(編著)『質的研究アプローチの再検討——人文・社会科学からEBPs まで』」
  • 【レビュー】吉田廉 : 古田徹也『謝罪論』(柏書房、2023年)
  • 【紹介】大谷弘 : 『道徳的に考えるとはどういうことか』(筑摩書房、2023年)
  • 【紹介】藤木篤 : 松田毅・藤木篤・新川拓哉編『3 S T E Pシリーズ[ 6 ] 応用哲学』( 昭和堂、2023年)
  • 【紹介】小西卓三 :『誤謬論入門——優れた議論の実践ガイド』で議論研究を考え、議論教育を教えるときにわたしの語ること( 前編)

ご購入はAmazon、一部書店、一部大学生協で。