4月21日にトークイベントを開催します。

4月21日(土)夜、東京 田原町の書店「Readin’ Writin’」にて、『フィルカル』最新号刊行記念のトークイベントを開催します。
最新号に論文の掲載された高田敦史さんと岩切啓人さん、コメンテーターとして森功次さんが登壇され、ディスカッションを行ないます。
高田さん、岩切さんがそれぞれ、論文の背景にある分野(スーパーヒーローの定義と歴史、芸術における作品創造と複製)を解説したうえで、来場の方々からの質問を受けてディスカッションする予定です。
日本の分析美学を牽引する研究者たちと触れ合える貴重な機会です。
美学に関心ある方々、作品複製やアメコミヒーローについて議論したい方々、ぜひともご参加ください。

※今回のイベントでは参加の事前予約を受け付けます。専用フォームからお気軽にお申込みください。 一度に4名様までご予約いただけます。料金の前払いはございません。
なお、事前予約はイベント前日の4月20日(金)までの受け付けとなります。ご了承ください。

(4月21日追記)事前予約の受け付けは終了いたしました。もちろん当日参加もできます。直接会場までお越しください。

【日時】4月21日(土)18:30開場 19:00開演
【場所】田原町 書店「Readin’ Writin’」
【料金】参加費1,000円
【登壇者】高田敦史、岩切啓人、森功次
【テーマ】芸術における作品創造と複製、アメコミスーパーヒーローの定義と歴史
【内容】
『フィルカル』最新号の論文著者が、論文の背景にある研究分野を一般向けに解説&ディスカッションします。
高田さん論文「スーパーヒーローの概念史」は、ハッキングの歴史的存在論の展開として、アメコミのスーパーヒーロー概念の質的変化を分析する論考です。
制度の変化も観点に入れた、虚構種の存在論としてもアメコミヒーロー論としても新しいタイプの議論が展開されています。
高田さんのブログ記事に紹介があります。)
分析美学の新世代を担う岩切さん論文「創造と複製」は、分析美学の本格的な論文です。
芸術における作品複製は創造になりうるのか、というテーマをめぐって、それを否定する論証を批判し、肯定する立場を模索しています。

お店の詳しい情報:
田原町 書店「Readin’ Writin’」
【住所】111-0042 東京都台東区寿2-4-7
【電話】03-6321-7798
【HP】http://readinwritin.net/
【Twitter】@ochimira
【地図】