Vol. 1, No. 2が刊行されました。

分析哲学と文化をつなぐ雑誌『フィルカル』のVol. 1, No. 2を9月30日に刊行いたしました。
このことを皆様にご報告でき、編集部一同、たいへん嬉しく思います。
今号では「書簡」と「翻訳論文」のカテゴリが追加されるなど、より多彩な内容となっております。
ぜひお手にとって議論にご参加ください。

目次

哲学への入門
「自由論入門 第2回」(高崎 将平)

文化としての分析哲学
●特集シリーズ:分析哲学とモダニズム
論文「モダニズムの地平」(要 真理子)

文化の分析哲学
論文「キャラクタは重なり合う」(松永 伸司)
論文「堀江由衣をめぐる試論」(稲岡 大志)
論文「槇原敬之の倫理学」(大谷 弘)
書簡「「声優と表現の存在論」をめぐる往復書簡」(滝沢 正之、佐藤 暁)

翻訳
翻訳論文「美学における理論の役割」(モリス・ワイツ)(松永 伸司 訳)

コラムとレビュー
連載コラム「生活が先、人生が後」(長門 裕介)
レビュー「トム・ムーア監督『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』」(小倉 健太郎)
レビュー「水木しげる『人生をいじくり回してはいけない』」(八重樫 徹)
レビュー「TOKYO MX2、東海テレビ『みうらじゅん&安斎肇のゆるキャラに負けない!』」(長田 怜)

投稿募集中

編集部では次号へ向け、分析哲学と文化をテーマとした原稿を募集しています。

投稿締切:2016年12月31日(土)
投稿先:philcul[at]myukk.org(「at」を「@」に変えてください)
原稿は、メールの件名に「フィルカル投稿」と明記したうえで、添付ファイルでお送りください。

投稿の詳細については「投稿募集」ページをご覧ください。
熱意のこもった原稿をお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です