Vol. 4, No. 3を刊行しました

分析哲学と文化をつなぐ雑誌『フィルカル』のVol. 4, No. 3を11月30日に刊行しました。以下に、ご紹介いたします。

http://philcul.thebase.in/items/25121488

分析哲学と文化をつなぐ雑誌『フィルカル』のVol. 4,No. 3です。
鬼界彰夫氏の特別寄稿にはじまる今号は、巻頭でウィトゲンシュタインをフィーチャー。
特集1は、古田徹也氏の話題の書の刊行を記念して、『論理哲学論考』と文化をつなぐブックガイド集となっております。
特集2は、山口尚氏の刺激的な『幸福と人生の意味の哲学』刊行を記念した充実の書評集。
シリーズ「ポピュラー哲学の現在」では、『超訳 ニーチェの言葉』編集者の藤田浩芳氏インタビュー、そして、哲学の玉田龍太朗氏と自己啓発の百川怜央氏の対談第二回をお送りします。
その他、レビューや新刊案内も充実しています。
気鋭の哲学研究者たちの送る、いま一番新しい哲学と文化を知るための雑誌です。

特別寄稿
「谷賢一『従軍中のウィトゲンシュタイン』(工作舎、2019)を巡る哲学的随想」(鬼界 彰夫)

特集1:『論理哲学論考』と文化をつなぐ 古田徹也『ウィトゲンシュタイン論理哲学論考』出版記念誌上ブックフェア

特集2:山口尚『幸福と人生の意味の哲学』
「神・分析的・実存的―『幸福と人生の意味の哲学』を継続して」(山口 尚)
「山口尚の方法」(長門 裕介)
「何が人生を形づくるのか」(八重樫 徹)
「遠くまで旅する人たちに」(高村 夏輝)

シリーズ:ポピュラー哲学の現在
『超訳 ニーチェの言葉』ベストセラーの仕掛け人に聞く 藤田浩芳さん(ディスカヴァー・トゥエンティワン)インタビュー
対談「哲学と自己啓発の対話」第二回(玉田 龍太郎/企画:稲岡 大志)

文化の分析哲学
「新しい民俗学のための妖怪弁神論—妖怪の存在意義、そして伝承の可能性の条件に関する形而上学的考察—」(根無 一信)
「無数の理想を収集する鶴見俊輔—他愛ない夢、想像的変身、感性的横ずれ—」(谷川 嘉浩)
「批評の新しい地図―目的、理由、推論― 」(難波 優輝)

イベント
トークイベント「ネタバレのデザイン」@代官山蔦屋書店(2019年6月26日)(登壇者:森 功次、松本 大輝、仲山ひふみ)
ワークショップ「ビデオゲームの世界はどのように作られているのか?—松永伸司『ビデオゲームの美学』をヒントに—」@大阪成蹊大学(2 0 1 9 年8 月3 1 日)(登壇者:松永 伸司、三木那由他、難波 優輝)

報告
「ベオグラードでの国際美学会に参加して」(青田 麻未)

コラム、レビュー、新刊紹介
「コンピュータで世界を再多義化せよ! ミゲル・シカール『プレイ・マターズ』(フィルムアート社)」(吉田 寛)
「倉田剛『日常世界を哲学する:存在論からのアプローチ』」(岩切 啓人)
「古田徹也『不道徳的倫理学講義―人生にとって運とは何か』(ちくま新書、 2019 年)」(酒井 健太朗)
「社会科学の哲学が提起する問い:社会科学は自然科学と同じ営みを目指すべきなのか?そもそも違う営みなのか?」(伊藤 克彦)
「シェリル・ミサック『プラグマティズムの歩き方』(上・下)訳者による紹介」(加藤隆文)
「源河亨『悲しい曲の何が悲しいのか:音楽美学と心の哲学』著者による紹介」(源河 亨)
「リサ・ボルトロッティ『現代哲学のキーコンセプト 非合理性』訳者による紹介」(鴻 浩介)

【お詫び】

目次に誤りがありました。正しい目次は以下の通りです。

P.2 『フィルカル』の構成
●特別寄稿
P.6 演劇と哲学
谷賢一『従軍中のウィトゲンシュタイン』(工作舎、2019)を巡る哲学的随想(鬼界 彰夫)
●特集1:『論理哲学論考』と文化をつなぐ
P.28 古田徹也『ウィトゲンシュタイン論理哲学論考』出版記念誌上ブックフェア
●特集2:山口尚『幸福と人生の意味の哲学』
P.54 神・分析的・実存的―『幸福と人生の意味の哲学』を継続して(山口 尚)
P.62 山口尚の方法(長門 裕介)
P.74 何が人生を形づくるのか(八重樫 徹)
P.96 遠くまで旅する人たちに(高村 夏輝)
●シリーズ:ポピュラー哲学の現在
P.106 『超訳 ニーチェの言葉』ベストセラーの仕掛け人に聞く 藤田浩芳さん(ディスカヴァー・トゥエンティワン)インタビュー
P.130 対談「哲学と自己啓発の対話」第二回
(玉田 龍太郎/企画:稲岡 大志)
文化の分析哲学
P.152 新しい民俗学のための妖怪弁神論—妖怪の存在意義、そして伝承の可能性の条件に関する形而上学的考察—(根無 一信)
P.228 無数の理想を収集する鶴見俊輔—他愛ない夢、想像的変身、感性的横ずれ—
(谷川 嘉浩)
P.260 批評の新しい地図―目的、理由、推論―
(難波 優輝)
イベント
P.304 トークイベント「ネタバレのデザイン」@代官山蔦屋書店(2019年6月26日)登壇者:森 功次、松本 大輝、仲山ひふみ

P.314 ワークショップ「ビデオゲームの世界はどのように作られているのか?—松永伸司『ビデオゲームの美学』をヒントに—」@大阪成蹊大学(2 0 1 9 年8 月3 1 日)登壇者:松永 伸司、三木 那由他、難波 優輝
報告
P.334 ベオグラードでの国際美学会に参加して(青田 麻未)
コラム、レビュー、新刊紹介
P.346 コンピュータで世界を再多義化せよ! ミゲル・シカール『プレイ・マターズ』(フィルムアート社)(吉田 寛)
P.358 倉田剛『日常世界を哲学する:存在論からのアプローチ』(岩切 啓人)
P.382 古田徹也『不道徳的倫理学講義―人生にとって運とは何か』(ちくま新書、 2019 年)(酒井 健太朗)
P.402 社会科学の哲学が提起する問い:社会科学は自然科学と同じ営みを目指すべきなのか?そもそも違う営みなのか?
(伊藤 克彦)
Alexander Rosenberg, Philosophy of Social Science Fifth Edition (Westview Press, 2016)
P.420 シェリル・ミサック『プラグマティズムの歩き方』(上・下)訳者による紹介(加藤隆文)
P.436 源河亨『悲しい曲の何が悲しいのか:音楽美学と心の哲学』著者による紹介(源河 亨)
P.442 リサ・ボルトロッティ『現代哲学のキーコンセプト 非合理性』訳者による紹介
(鴻 浩介)
P.450 Abstracts
P.454 著者紹介