概要

フィルカルとは

「哲学」と聞いて、人は何を思い浮かべるでしょうか。
ソクラテス?デカルト?カント?

もちろん、これらの大思想家の考えを解釈することも哲学なのですが、
世の中にはそれとはアプローチのしかたの違う哲学が存在します。

その哲学とは、現在もっとも勢いのあるタイプの哲学、
明晰な論理展開を旨とする、分析哲学という哲学です。

さまざまな問いに対してすべて一から分析していく。
考えたい問題を考えるためのツールを提供する。
それが、分析哲学の姿勢です。

『フィルカル』では、分析哲学に焦点をあて、
ハイカルチャーからサブカルチャーまで、さまざまな文化を
分析哲学のツールを使って分析していきます。

これまでとは異なる新しい切り口からの議論を知ることで、
文化に触れたときにより深い知的体験を得られることでしょう。
さらにまた、分析哲学自体も、文化のひとつとして味わえるようになるはずです。

『フィルカル』では、この新しい試みを
若い世代の哲学者たちとともに、定期的に展開していく予定です。

編集部一同

主な内容

『フィルカル』では「分析哲学と文化をつなぐ」をテーマにさまざまな記事を掲載しています。

解説記事「哲学への入門」

哲学の入門的なトピックを、数回にわたってわかりやすく解説します。

論文、論考

本誌の「核」となる部分で、以下の2つのパートから成ります。分析哲学と文化を両方向からつなぐ試みを展開しています。

  1. 文化の分析哲学(Analytic Philosophy of Culture)
  2. 文化としての分析哲学(Analytic Philosophy as a Culture)

『フィルカル』では学術的な議論水準・体裁で書かれた考察を「論文」、もう少し柔らかい体裁で書かれた考察を「論考」と区分しています。

報告「社会と哲学」

哲学を学んだ後、社会で働く人の視点から、社会がどう見えるかを論じます。

コラムとレビュー

哲学を知る人たちが、世の中のことを語るコラムと、世の中の作品について語るレビューです。

 

『フィルカル』では、これらの論文・記事のご投稿を随時募集しております。